MENU

さまざまな要因の白髪

白髪 原因白髪は年齢とともに増えてきます。これは避けようのないことで自然なことですから、ある程度は理解した方が良いでしょう。しかし、年齢がまだ若く老人性の白髪になるにはまだ早いのに白髪が増えたとすれば、これは何かの原因があると考えられます。

若い世代の方に起こる白髪は、その原因に遺伝が考えられます。遺伝による白髪は、これもまだ明確なところはわかっていません。しかし、髪の色を決めるメラニン色素を作る細胞の働きが、活発でないことが遺伝しているケースがあります。

髪の色や癖毛などの髪の質は、親からの遺伝を受け継いでいるケースをよくみます。これと同様に白髪についても親からの遺伝を受け継いでいる方を見受けます。
だたこの白髪は、白髪そのものが遺伝するのではなく、髪の色を決めるメラニン色素を作る細胞の働きが悪いということを遺伝していると考えられます。

白髪は抜くと増えるとよく言いますが、これは本当でしょうか。
白髪を抜くと増えてくるということは考えにくいことです。しかし、髪を抜くことは毛根にダメージを与えることは間違いありませんので、気になるのであれば根本から切るほうが良いでしょう。
しらがができることは、その毛根のメラニン色素を作る細胞が弱くなっていることが考えられますので、髪の成長には何ら問題は無いということです。ですから、抜くことはその後髪が成長しないこともありますので、白髪は気になるのであれば切るようにしましょう。

白髪が一晩のうちに変わってしまったということを聞きますが、これは少し誤りがあります。強いショックやストレスで、突然に白髪になるということはなく、これはその強いショックやストレスを受けたときから、メラニン色素を作る細胞の働きが止まり、その時点から白髪になる事です。ですから、髪の色が途中から白髪になるような状態です。
しかし強いストレスやショックで白髪になる事は考えられます。

白髪が増えることにはこのような理由が考えられます。