MENU

白髪を栄養不足から改善する

白髪 原因大抵の方は白髪は治らないと思っていることでしょう。しかし、白髪はその原因を突き止めれば改善できる可能性のあるものです。

白髪の原因には、老化、病気、遺伝、ストレス、栄養不足、薬の副作用などさまなざな原因が考えられます。これらの白髪の原因の中で自分で改善が行えるものでは、ストレスによるものと栄養不足が原因の白髪でしょう。この他の原因については、白髪の進行を遅らせることしかできないでしょう。この原因を取り除くには現実無理なところがあります。

白髪を改善する場合、栄養不足が原因であればどのような対処方があるでしょうか。
黒い髪が白髪になる仕組みは、毛根にあるメラノサイトと呼ぶ色素細胞の活動が弱くなることにあります。本来、髪の色は白なのですが、メラニン色素に着色されて、黒髪や茶褐色や黄色になるわけです。

この髪に着色する色素細胞のメラノサイトは、日常の食生活が栄養不足になると、影響を受けます。人の身体は、生命維持のためにその重要な機能を担っているところへは、一番多く栄養が供給されます。また優先順位も一番先に送られます。

しかし、メラノサイトのような色素細胞は、生命の維持をするために重要な役割を果たしていませんので、身体が栄養不足になるとその供給が少なくなります。つまり、食べ物から摂取した栄養は、一番後まわしになります。これは、身体が栄養不足になると一番その症状が現れるということになります。

日常の食事を振り返って、朝食を食べず夜の食事が中心になってはいませんか。また、揚げ物などの脂ものが中心になっていませんか。毎日、コンビニのお弁当やファストフードばかり食べてはいませんか。

毎日の食事を、栄養バランスの良いものにするには、毎日、三度、何を食べたか意識して食べるようにしましょう。そこで、栄養分に足りないものや偏って食べ過ぎているものに気付きます。是非、これを実践して栄養バランスを考えた食事を行いましょう。

白髪を栄養不足から改善する白髪改善 関連記事

白髪染めの使い方
白髪の原因になる病気
白髪の原因は強いストレス