MENU

白髪染めの使い方

白髪 原因白髪が気になり始めた方が、まず一番に考えることは髪を染めることでしょう。最近はいろいろな白髪染めがあり、髪の色もたくさんの種類があります。しかし、白髪染めは白髪の改善にはなりませんが目立たなくしてくれます。白髪染めは女性だけでなく男性の方も髪を染める方が多くなり、見た感じを若く見せたい気持ちがあるようです。

髪染めで一般的なものといえば、カラーリングでしょう。カラーリングは、髪の色が豊富でさまざまな色に染めることができます。カラーリングは元の髪の色であるメラニン色素を分解した後にカラーリングの染料を髪に染み込ませて、髪の色を染めます。カラーリングの方法では髪の中まで染まります。

これに比較して髪の表面だけを染める方法がヘアマニキュアという方法です。この方法はマニキュアというように詰めに塗るマニキュアと同じ考え方です。髪に燃料を塗り髪を染める方法です。手軽に髪が染められる分長持ちせず、髪の生え際から白髪が目立ちます。

ヘアマニキュアよりも手軽で簡単な方法は、ヘアスプレーで染める方法です。この染め方は一時的に染めるだけですので、持続は一日程度です。
これらの髪染めの方法は、自分にあった方法で、そのときに合わせて使い分けられればよいでしょう。

髪染めは白髪を隠すことができ、気になる方にはとても助かる方法です。しかし、髪を染める分頭皮や毛根にも悪い影響を及ぼしますので、染め方には注意が必要です。
髪染めは頭皮に刺激の少ないものがよく、髪へのダメージもありますので、白髪の根本原因をつきとめることも大切なことです。