MENU

白髪の原因になる病気

白髪 原因白髪は加齢とともに増えてきます。これは老化すると顔にしわが増えることと同じで、白髪が増えてきます。白髪の増える原因で最も考えらられるものですが、白髪が増える原因には病気が原因で増えることもあります。
この病気によって増える白髪について考えてみます。

白髪は病気によっても増えることがわかっています。また、病気の治療に使う治療薬の副作用で白髪になるケースもあります。
病気が原因で白髪になる疾患には、慢性的な胃腸に関する病気や貧血症や甲状腺の病気が考えられます。また、日本ではあまり考えられませんが、マラリアの発症でも白髪になると報告されています。

病気が原因で増える白髪は、これを改善するには元になる疾患を完治することが大切になります。これらの白髪の原因は、発症した疾患が原因だからです。ただ、これらの病気につて共通して言えることが、身体の内部に起こる慢性的な病気が多く、改善されにくい疾患で不健康な状態が続いていることです。このような病気が原因の白髪も、諦めずに改善をしていきましょう。

白髪が増えることは、頭皮やメラニン色素の生成を行っている色素細胞の健康状態を表しています。白髪が増えることは頭皮の血行が悪いことや色素細胞が衰えていることが考えられます。これらが白髪の根本原因になり、これを改善することが白髪の改善に大きく関わってきます。

白髪の改善に白髪染めを使う方がほとんどでしょうが、白髪は治らないから髪を染める方も多いでしょう。
白髪の改善を行うには、元になる疾患の改善を最優先に考えて治療に努めれば、白髪の改善になる可能性も考えられます。