MENU

白髪もファッション

白髪 原因白髪が増える原因は加齢によるものが最も多く、これは周知のことで長く人生を生きてきた証でもあります。しかし、若い年齢で増える白髪は、若白髪ともいわれ遺伝によるものや食生活の栄養不足が考えられます。

黒い髪が白髪になる仕組みは、メラノサイトという色素細胞からメラニン色素が生成され、髪の毛を黒く染めています。髪はもともと白く、メラニン色素の影響で黒く染まっています。
白髪が増えることは、加齢以外にもストレスや病気が原因で起こることがあります。

白髪について考えるとき、その方の年代で考え方も違いますが、最近では、若い世代では髪を金色や白髪に近い銀色に染める方もいます。白髪のような髪色をファッションとして楽しんでいる方もいます。

白髪が全く格好の悪いものと言えない社会風潮はあると感じます。高齢の方が、もし黒々とした髪をしていたら、そちらのほうが違和感がありおかしく見えます。白髪が気になるのは本にだけで、他人から見るととても美しく見えている方もおられるでしょう。もしかしたら自分もそうなりたいと感じているかも知れません。

白髪がいけないのではなく、その原因が病気や栄養不足、強いストレスで起きているのであれば、こちらの方が問題で、白髪の原因となるものを改善する必要があります。

白髪は身体が異常を起こしていることを知らせるサインでもあります。白髪が栄養不足が原因で起きている場合は、身体の機能が低下していることを知らせています。身体が栄養不足を起こしていても、身体自体はそれほど感じないことがありますが、慢性的に何かの栄養が不足していると、その影響は髪に現れます。影響バランスが素ずれている場合も同じです。

ストレスが原因の場合にも同様で、自覚症状はなくても身体は異変と感じてサインを出しています。人はこれに気づかなければなりません。

白髪が増えることは加齢が原因でなければ、身体の異常を察知して改善することが大切です。