MENU

白髪が気になる年齢と美肌対策

白髪 原因白髪が増えて困る方は、年齢にもよると思いますが、高齢になってからの白髪はそれほどキナならないと思います。しかし、まだ年齢が若い世代や、中高年の年を一番気にする方が、老化と白髪のイメージを結びつけて気になさることでしょう。

白髪は髪染めで染めることで、その方の雰囲気はガラッと変わり、やはり若く見えます。これは女性に限ったことではなく、男性も同じことで、最近は男性用の髪染めも多く販売されていて、いろいろらものから選ぶことができます。

この白髪を気にされる方が、最も気にすることは白髪ではなく年齢にあります。実年齢よりも若く見られたいという望みがあるからです。この望みと白髪は逆行しているので何とかしたいと思うのでしょう。もし白髪が髪全体にあれば、実年れよりも高く見られます。

白髪の根本原因は、髪の色を黒くしているメラノサイトという色素細胞がメラニンという色素を生成して、髪の色を黒くしています。
白髪が増えるということは、この色素細胞のメラノサイトの活動が弱っていることにあります。このメラノサイトの活動が弱まる原因は、高齢による老化が一番に考えられます。老化を防ぐ対策は、なかなか見つかりません。従って、老化による白髪の改善方法もなかなか見つからない事になります。

しかし、色素細胞のメラノサイトの働きが弱くなることは、食事の採り方に問題があり、栄養不足になっていることがあります。このことが原因で白髪になっているのであれば、食事を栄養バランスの取れた食事に改善することで、白髪を元の黒い髪に改善することも可能です。

また、老化と白髪の関係に着目すれば、お肌の老化防止のケアにも似ています。身体が健康な方は肌の艶や潤いもあり、若々しく見えます。
これと同様に、白髪に当てはめてみれば、同じことが言えないでしょうか。